ニキビ跡は地道な治療によって消していきましょう

治療法を改善していく

本来の姿

ニキビ跡治療によって、色素沈着がよけいに起こってしまうというのは、その治療方法が合っていないといえるでしょう。

もともと、ニキビ跡は赤く色が残ってしまいがちなので、これを改善していくのが本来のニキビ跡治療です。
お肌に赤く色素沈着が残ってしまっているということは、炎症によって、お肌の内側の血管が
言わば浮き出てしまっているような状態になっています。

あたらしい生まれ変わり

こういったニキビ跡治療をしていくには、地道にターンオーバーを回復していくといった
方法もありますし、専門のクリニックでケアをしてもらうのもひとつの方法です。

たとえば、ビタミンC誘導体の入っている導入液でお肌の炎症をしずめつつ、
色素沈着の原因となっているメラニンの活性をしずめていきます。
そのほかにも、クリニックであればレーザーをつかったニキビ跡治療も有効です。

こちらはお肌の細胞を再活性させて、あたらしいお肌の生まれ変わりを促して赤みを改善していく方法です。

改善      注意点     役割     大人     美白